映画館の座席

邦画の俳優について考えたこと

邦画の俳優の仕事は身振り手振り、表情、動作、そしてセリフをきちんとこなすことだと考えます。簡単に口に出していいますが、それには長年の稽古と日々の鍛錬が必要だと考えます。簡単なことではないのです。シナリオに基づき、演出家や監督の指示にも従わなくてはなりませんし、自分のやりたいようにはやれない中での演技をしなくてはなりませんからとても高度な技術が要ります。

邦画の俳優になれるものは一握りですし、収入も安定していませんから挫折する人が多いです。また、俳優をやれていても仕事がこなくなることもあります。生半可の意思でも俳優の仕事は出来ないとされています。その、知名度で政治界からも声がかかるそうですが、政治色はあまり出さない方が良いとされています。

そんな中、それでも俳優になれる人は天才とも呼ばれますし、いろいろな賞を取ったり華やかな世界にいることができます。彼ら彼女らは、並大抵の努力の末に手に入れた職業ですから、意地もありますし根性は人一倍あると言えるでしょう。それに、女優となれば見た目も美しい方が好まれる傾向にありますので、彼女らに一般人が憧れるのも無理はないのです。

また、そうやって手に届かない存在の方が良いとされています。素晴らしいスターはここで説明したように、実力と天性の力とそして少しの運を兼ね備えたスーパースターなのです。その裏には過酷な状況を困難な状況を打破出来る能力と力を持ち合わせた資質が必要なのです。